お問い合わせ

TOP > 基本の使用方法(手肌の悩み)

クリームを塗るとかゆくなるアトピーのスキンケア


正常な肌は神経線維が表皮より下にありますが、炎症などによりバリア機能が低下してしまった肌は、かゆみを感じる神経線維が角層のすぐ下まで伸びています。 そのため、表皮へのちょっとした刺激でかゆみを感じやすい状態になっています。

アトピーなど、肌に炎症を伴うことが多い肌悩みの方が、何を塗ってもかゆくて肌にあうスキンケアがみつからないのは、この神経繊維の状態が原因の1つです。

肌にトラブルがあると、保湿力に優れたクリームなどを探す方が多いのですが、クリームに配合される乳化剤や油性成分の中には、かゆみを誘発しやすいものがあります。

乳液やクリームといった保湿剤は、「乳化剤(界面活性剤)」を使って、本来混ざらない性質の「水」と「油」をなめらかな状態に仕上げています。

乳化剤には多くの種類があり、植物から作られた天然由来のものなど低刺激のものもありますが、界面活性剤であることに違いはありません。

最初は、ローションやジェルを繰り返し塗布して潤いを補い、少量のクリーム類を併用する方法からお試しいただくことをおすすめします。